縄手ピアノ教室について

はじめまして

飯能市の緑豊かな環境に惹かれて、2020年に静岡県から飯能市美杉台に引っ越してまいりました。ただいま開講に向けて準備中です(防音工事施工中)。工事の進み具合にもよりますが、開講は2021年7月頃の予定です。

ピアノに初めて触れる方から音大受験生まで、お子さんから大人の方まで、丁寧にご指導いたします。

ピアノはただ鍵盤を押せば音が出るもの、と思われがちですが、実はピアノはいろんな音色を持っていて様々な表現ができる楽器です。目の前にある譜面も、ただのオタマジャクシの行列に見えますが、譜面の向こうには音符には書ききれない豊かな世界が広がっています。
レッスンを通して、音楽の素晴らしい世界を体験していただければと思います。

講師紹介

指導歴は20年以上に及びます。これまで、東京、サンフランシスコ、ボストン、静岡県三島市にて、小さなお子さんから音大受験生、シニアの方までレッスンしてまいりました。

【縄手文子プロフィール】
桐朋学園大学ピアノ科卒業。ニューイングランド音楽院(ボストン)にて修士号取得。

ピエディルーコ国際音楽祭にて現地室内オーケストラとメンデルスゾーン:ヴァイオリンとピアノのための協奏曲、ショパン:ピアノコンチェルト第2番を演奏。長野女神湖音楽祭にてヴァイオリンとのデュオリサイタルを開催。

2000年渡米後、サンフランシスコおよびボストンにて演奏活動を続けるとともに、Fourth Presbyterian Churchにてピアノ講師を務める。

2010年帰国、同年PMF(パシフィックミュージックフェスティバル)にて公式ピアニストを務め、札幌Kitaraホール他でウィーンフィル、ドレスデン管弦楽団、ボストン交響楽団の首席奏者らと室内楽を共演。また、静岡県清水町、福岡県田川市にてピアノリサイタル、静岡県下田市葵学園にてピアノレクチャーコンサート、下田市のラジオ局出演、東京で室内楽コンサートを開催するなど、ソロ、室内楽奏者として精力的に活動している。

タイトルとURLをコピーしました